誤った使い方では満足な効果は得られない、ファリネの効果を最大限に引き出すためにはこれを守って!

汗を吸い取る制汗成分ナノイオン微粒子や、汗や皮脂によるベタつきを防ぐ麻セルロースの働きで不快な手汗を抑えてくれる制汗パウダーのファリネ。しかもかぶれや炎症などのトラブルの原因となる有害なパラベンや香料等の添加物を使用せずに作られていることもあり、肌に負担を掛けずにケアできる制汗剤として人気を集めているようです。

 

その実力の高さは92.3%もの利用者が「使って良かった」と答えていることからも明らかでしょう。その一方でファリネを使っても期待した効果が得られなかったという人も一定数いるのも確かです。

 

しかしその原因を調べてみると殆どの場合、誤った用い方をしていたことに因るもので、製品自体に問題があった訳ではありません。では本来の効果を得られないその誤った使用方法とはどんな用い方なのでしょうか?

 

 

こんな使い方では汗はうまく止められない

 

肌に優しい成分で作られているファリネは、クリームタイプの制汗剤などに比べて効果の続く時間が限られるのは確かです。また実際問題として手から滲み出る汗を100%抑え込むことは困難ではあります。しかし使用方法を間違えなければ、本来の効果をきちんと引き出せるので、納得のいく成果を得られるはずです。

 

若しファリネを使っても効果が感じられないのであれば、以下のどれかに該当するような使い方をしてないか振り返ってみましょう。

 

【NGな使用法 その1】つける回数が少ない、使用量を節約しすぎる

 

ファリネのようなパウダータイプの制汗剤は一度つけても肌に留まりにくい性質があります。他のジェルタイプやクリームタイプの製品であれば効果ももっと長続きするのですが、パウダーだと手を洗ったりすると流されてしまうため、使っていて「効き目が弱まるのが早い」と感じることも珍しくありません。

 

こうした理由からパウダータイプの制汗剤を使う際には、1日に何回か付け直す必要があります。タイミングとしては、朝の外出前の時間と就寝前にそれぞれ1回や2回パッティングし、更に日中も「汗を止めたい」と感じた時に適宜つけ直しましょう。

 

中には経費節約のためか1度のパッティングでつけるパウダーの量をセーブしている人もいますが、これは良くありません。汗を止めたいのであれば、それ相応のパウダーをつける必要があるからです。

 

【NGな使用法 その2】手に水分が残っている、パフが湿っている

 

手が汚れたまま制汗剤をつける人はいないと思いますが、ファリネを使う前にはハンドソープや石鹸で汚れをきちんと洗い流して下さい。手を洗ったら手拭いで水分をしっかり拭き取ると同時に、手だけでなくファリネのパフも乾いているか確認しましょう。

 

若しパフまでが湿気を多く含んでいるとパウダーも出にくくなってしまうので、湿り気があるようなら乾燥させて下さい。

 

【NGな使用法 その3】掌だけにしか使わない

 

手汗対策というと掌だけに気をとられてしまう人もいますが、汗を分泌するエクリン汗腺というのは手の甲をはじめ手の至る所に存在島す。ですからファリネを使う時は、例えば指の間といった掌以外の部分までしっかりケアするようにしましょう。

 

正しいファリネの付け方とは

 

 

NGな使用法が分かったらここでもう一度、本来のファリネの使用方法をおさらいしておくことにします。と言っても手にパウダーをきちんと馴染ませるという点だけを押さえておけば特に難しいことはありません。

 

まず手は清潔で乾いた状態でなくてはならないことは既に説明した通りです。その掌にキャップを開いてパフを出したファリネをパッティングし、パウダーのついた掌を合わせて有効成分が皮膚の仲間で行き届くようしっかり揉み込みましょう。

 

制汗効果が続く時間は大体2、3時間程度ですが、本来の使用方法に沿った形で日常的にファリネを使い続けていると、ベタつきのないサラッとした肌を長い時間保てるようになります。

↓↓↓初回70%OFFのキャンペーン中!↓↓↓

70%OFFキャンペーンの詳細はこちら

関連記事

手汗専用の制汗剤として人気のファリネはネ...
制汗剤を購入する際の外せない選択基準とし...
普段から手の汗が気になっているけれど、E...
制汗剤と名の付くものであれば体のどの部位...
スキンケア用品が欲しくなった時、かなりの...
肌のバリア機能が低下した状態でデオドラン...
汗を吸い取る制汗成分ナノイオン微粒子や、...
不快な汗をどうにかして抑えたくてドラッグ...

トップページに戻る