返金保証が利用できる条件と、その手続きについて

肌のバリア機能が低下した状態でデオドラント用品などを使うと、場合によっては含有成分が皮膚に悪い刺激を与え、肌荒れなどを発症させることがあります。例えば皮膚が赤みを帯びてヒリヒリするといった症状などは、肌質が成分に合わなかった時に出る典型的な症例ですし、肌の乾燥などもこの種の製品によく用いられる塩化アルミニウムとかエタノールが原因だと考えられます。

 

たとえ自然由来の成分であっても体質や肌質にあっていないと肌トラブルが起きる可能性があります。必ずしも「天然成分の多い制汗剤なら大丈夫だろう」という訳にはいかず、無添加の医薬部外品として人気のあるファリネでさえも、肌の異常が100%起きないとは言い切れません。医薬部外品に含まれる強い成分が原因でかぶれなどの症状が出ることも珍しくないからです。

 

しかし、それが自分にとって問題なく使えるケア用品であるかどうかは、実際に試してみないと分からないでしょう。若し合わなかった場合には支払った商品代金が戻ってくる保証制度のある製品なら、安心して試してみることが出来ますよね。

 

公式サイトを見れば明らかなように、手汗専用の制汗剤ファリネにも「30日間肌荒れ返金保証」と称する制度が用意されています。但し誰でも利用できるという訳ではなく、一定の条件を満たしていなくてはなりません。

 

 

返金して貰うには幾つかの条件がある

 

 

まずこの制度が利用できるのは定期便の利用者、それも初めて購入した人に限られています。ですから単品で通常購入した場合には適用外となる訳です。また請求できるのは初回配送分1個のみであること、購入してから30日以内に申し出る必要があること、一度この制度を使ってしまうとそれ以降はファリネを注文できなくなる点にも注意して下さい。

 

それでも肌質に合っていなければ、たとえ1個分全部使いきった場合でも返金に応じてくれますし、「汗の出る量が減らなかった」といった理由でも認められるそうなので、かなり良心的な保証制度ではないでしょうか。

 

返金の際に必要となる手続き

 

商品代金を返してもらうには、購入者も受け取った商品を返品する必要がありますが、その際に商品本体の他、納品明細書、商品の入っていた箱、配達に使われた段ボールも一緒に送り返さなくてはなりません。

 

また返品に先立って、販売元まで電話連絡する必要もあります。連絡先は「お客様サポートセンター」、受け付けは午前10時から午後6時までですが、平日のみで土日や祝祭日は対応していません。

 

番号は

 

0120-49-7064

 

連絡をした後は商品本体等4点を所定の宛先へと返品するるのですが、その際の送料は購入者側が支払うことになっています。また配達の記録が残せる方法(宅配便とかゆうパック)で返送しなくてはならない点にも注意しましょう。

 

商品が返品されると販売元は送り主に返金申請用紙を送るので、購入者はその用紙に振込先となる口座番号や自身の氏名を記入して再度、販売元へと送り返すという手順になっています。尚、実際に商品代金が口座に振り込まれるのはおよそ2週間後です。

 

最後に

 

返金保証は定期便限定の特典の一つとして設けられている制度なので、30日間の期限内にこの権利を使わなかった場合には次回以降も商品が配送されてきます。だから肌に合っていれば、そのまま定期便で使い続けることになります。

 

逆に返金保証を利用することになった場合には、?外箱も含めて配達時に受け取ったものを一式送り返すこと、?返品前にお客様サポートセンターに連絡を入れること、の2点が必要であることを今一度確認しておきましょう。

 

肌がデリケートでこれまで使ったことのないスキンケア用品を試すのが不安だという人にとって、返品や返金が認められるのは心強い話です。だから必要になった時にはその権利を行使できるようにするためにも、ファリネの初回分が届いたら、明細書や外箱等は捨てずに保管しておいて下さい。

↓↓↓初回70%OFFのキャンペーン中!↓↓↓

70%OFFキャンペーンの詳細はこちら

関連記事

手汗専用の制汗剤として人気のファリネはネ...
制汗剤を購入する際の外せない選択基準とし...
普段から手の汗が気になっているけれど、E...
制汗剤と名の付くものであれば体のどの部位...
スキンケア用品が欲しくなった時、かなりの...
肌のバリア機能が低下した状態でデオドラン...
汗を吸い取る制汗成分ナノイオン微粒子や、...
不快な汗をどうにかして抑えたくてドラッグ...

トップページに戻る