何故、手汗用制汗剤のファリネが足の汗対策にも活用できるのか?

制汗剤と名の付くものであれば体のどの部位にも使えるという訳ではなく、例えば腋臭対策用は手汗を止めるのには適しません。しかし「手汗専用」のファリネは腋や足の裏の対策にも使えるのだそうです。何故でしょうか?

 

 

汗腺には2つの種類がある

 

人の体には2種類の汗腺があり、腋臭の原因となる汗はアポクリン腺という汗腺から分泌されています。一方、手の汗はエクリン腺という別種の汗腺から出ています。アポクリン腺は腋の下など特定の部位にしか見られませんが、エクリン腺は唇、爪、外耳道等を除き、ほぼ全身に分布しています。

 

2つの汗腺は分布している場所だけでなく、役割も違います。アポクリン腺から出る汗は、元来は動物が仲間同士を見分けたり異性を呼び込むためのフェロモンとしての機能を有していました。それが人間へと進化していく過程でアポクリン腺も退化していきましたが、その名残である腋臭などが臭いを伴うのもこうした経緯があるからです。

 

それが現代の日本人には不快なものと捉えられている訳ですが、西洋などへ行くと少し事情が違うようです。日本人より体質的に腋臭が強い西洋人はむしろそれを個性と捉え、香水との組み合わせによってアピールポイントにするのだとか。確かに向こうでは多種多様な香水が流通していますよね。

 

もう一方のエクリン腺ですが、こちらは粒こそ小さいものの発汗することで体の余分な熱を逃すという、謂わば体温の調節機能を持っています。万が一、これが上手く機能しなくなると体温が上昇しすぎたりして、全身の指揮系統を司る脳の活動にも深刻な影響が出てしまうのです。

 

汗孔を塞いで汗をブロック

 

手汗用の制汗剤のファリネには、手に分布するエクリン腺から分泌される汗を抑える効果があります。ファリネには、極めて小さいとされるエクリン腺の汗孔より更に小さい超微粒子パウダーが含まれていて、その独自のパウダーを手に付けることで汗腺の出口に栓をし、汗をブロックしてくれる働きがあるのです。

 

実はこの種の制汗剤は手汗用としては珍しいばかりか、他の足対策や腋臭対策の製品を見渡してもあまり類を見ないのだとか。しかしこの肌に密着してサラサラにしてくれる効果のあるファリネには、かつてなら塩化アルミニウムのような強力な成分を用いないと対応できないとされていた足の裏の汗やその匂いにまで対処できる力があることも分かっているのです。

 

その足の裏には手と同じ様に多くのエクリン腺が分布していますが、このエクリン汗腺から出る汗そのものには特に臭いはありません。にも拘らず強烈な臭いが生じるのは、足には臭い原因となる脂肪酸を作り出す常在菌が生息しているからです。アポクリン腺から分泌されるものも含め、足の裏は発汗量が多い上、皮脂や角質なども溜まりやすく、それらが一緒になると常在菌の格好の養分となり、臭いの元となる脂肪酸を作り出してしまうという訳なんですね。

 

ファリネの制汗パウダーには、その常在菌が増殖して臭いを発生するのを防ぐ効果があるとされているのです。

 

目新しい制汗剤として注目を集めているファリネですが、多くの愛用者を獲得しているのは、その形状が珍しいだけでなくケア用品としての実力が高いからでしょう。

 

パッティングはしっかりと

 

ただパウダータイプの制汗剤には、丁寧にパッティングしないと思ったような効き目が出にくいという欠点があります。その点、ある程度手を抜いて簡単に塗っても、それなりの効果が得られるクリームタイプの制汗剤とは勝手が違うでしょう。ちょっと煩わしい気もしもするファリネですが、その手間もせいぜい10秒程度です。

 

特に足の裏の汗は臭いも強いので、ここをケアする時はきちんとパウダーを叩いて下さい。それを意識してお手入れをすれば、ファリネの持つ効果を十分に引き出せますし、汗や匂いの問題解決にも結び付けることが出来るでしょう。

↓↓↓初回70%OFFのキャンペーン中!↓↓↓

70%OFFキャンペーンの詳細はこちら

関連記事

手汗専用の制汗剤として人気のファリネはネ...
制汗剤を購入する際の外せない選択基準とし...
普段から手の汗が気になっているけれど、E...
制汗剤と名の付くものであれば体のどの部位...
スキンケア用品が欲しくなった時、かなりの...
肌のバリア機能が低下した状態でデオドラン...
汗を吸い取る制汗成分ナノイオン微粒子や、...
不快な汗をどうにかして抑えたくてドラッグ...

トップページに戻る